club cream hiroshima
club cream hiroshima
cover image
このページに掲載されている写真は、出演された方々向けにライセンスフリーで提供しています。
一般の方及びその他の方で複製・転用されたい場合はご連絡ください。
photography By A.Otsuka. ©2005-2008 Club Cream., All rights reserved.
back number
近藤房之助 & 筒井賢
2010.6.10 (ライブイベント)
J's BAR LIVE PARTY “The 忘年会”
2009.12.20 (ライブイベント)
A-connection vol.1
2008.11.2 (ライブイベント)
CREAM'S BURNING
2008.10.13 (ライブイベント)
EURO Into The Night
2008.10.11 (クラブイベント)
DISCO R40 before 1985
2008.10.10 (クラブイベント)
CREAM'S BURNING
2008.9.23 (ライブイベント)
Diva's Night 3
2008.9.22 (ライブイベント)
DISCO R-35 after 1985
2008.9.12 (クラブイベント)
P-1 L-1 G.P. 広島予選
2008.8.10 (ダンスイベント)
DISCO R40 before 1985
2008.8.8 (クラブイベント)
CREAM'S BURNING
2008.8.4 (ライブイベント)
塩次伸二ブルースバンド 4029
2008.8.1 (ライブイベント)
LOOSE NOOSE
2008.7.22 (ライブイベント)
J's BAR PRESENTSTHE 宴会~夏の陣
2008.7.20 (ライブイベント)
LORAN 「One More Merry Xmas」
2007.12.24 (ライブイベント)
J's BAR LIVE PARTY 「THE 忘年会」
2007.12.23 (ライブイベント)
すべてのギャラリーを見る

LOOSE NOOSE

Posted at 2008.7.22














ネオ・ロカビリーと言えばすぐに頭に浮かぶのはBRIAN SETZERでお馴 染みのTHE STRAY CATSかもしれない。彼等の功績はもちろん大きく 、否定することはできない。しかし本場イギリスにおいては70年代から大きなロカビリー・リバイバルの波が押し寄せており、CRAZY CAVAN、RIO T ROCKERS等の「テディーボ ーイ」バンドが登場。少し遅れてBLUE CA TS、DAVE PHILLIPS PO0LECATS等後に「ネオ・ロカビリー」と呼ばれるバンドも続々と出現した。MARK HARMAN率いるRESTLESSはそのネオ・ロカビリーを代表するバンドの一つだった。彼の独特のギタースタイルは、BRIAN SETZERを「柔」とすればまさに「剛」。正確なピ ッキングを中心とするそのスタイルは、別ユニットに参加しても識別できる程 素晴らしく、高い評価を受けている。今回来日する彼の新バンド【LOOSE NOOSE(ルースヌース)】には、RESTLESSの二代目ベーシストだったJEFF BAYLYも参加。実質2/3RESTLESSと言っても過言では無い。ジャズ畑からスカウトされたドラマー、MARK SIMPSONもホットなビー トを奏でてくれる。この3人が繰り出すダンサブルかつワイルドなロカビリー は、clubcremにおいてもロカビリー・ブームを再燃させるものになるだろう 。

ホーム /  スケジュール /  ギャラリー /  クリーム概要 /  システム /  アクセス /  プロモーター向け情報
©Copyright 2005-2008 Club Cream Hiroshima., All rights reserved. Web Produced & Supported by DESIFIX PRODUCTION.
このサイトに含まれるすべての写真、文章およびデータは著作物です。許可なく転載、転用、複製することは法律で禁止されています。利用をされたい方は、お問い合わせください。