club cream hiroshima
cover image
FUNKTION-ONE 社製 Resolution スピーカーをはじめとして高音質なクリエイティブ・サウンドを提供する、充実のクラブ・クリーム音響システム。 (2008年6月現在)
Microphone
SHURESM58x 7
SM58Sx 2
SM57x 7
BETA58Ax 1
BETA57x 4
BETA56Ax 3
55SHx 1
AUDIO TECHNICAATM25x 1
Guitar Amplifier
MARSHALLJCM-900 HiGain Dual Rev
FENDERTwin Reverb
RolandJazz Chourus 120
Jazz Chourus 90
VOXAC30
Bass Amplifier
Hartke Systemsmodel HA2000
Drum
TAMA KICK 22, SNARE, TOM 13,14,16
Zildjian20" 51 Ride
16" 41 Medium Crash
16" 40 Crash
14" 36 Hi
Keyboard
RolandRD-700SX
Piano
YAMAHAG2
※ P.A (ピーエー)とは、public-address system の略称。マイクや楽器からの音をミキサーで混ぜて、アンプで大きくしてスピーカーなどに出力する音響全般を指揮することです。
p.a. view ミュージシャンとして、自分の声を、奏でる音を、最適の状態で提供する最も基本的な事は、音を作り上げていくための P.A ブース※で行われます。

クラブ・クリームでは、優れた音質を維持できることはもちろん、安定し、数々のミキサーたちの使い慣れた機材を揃えています。
P.A ブースによるライブの集中コントロール
P.A ブース には、贅沢な音響機器がずらりと並びます。素晴らしい音を伝えるために必要な機材はすべて常設されており、ミュージシャン、サウンドディレクターの意図する音を作り出すことができます。 また、この P.A ブースはフロア中央に配置され、P.A オペレイターや DJ が正確な音の再現を随時確認しながらコントロールすることができます。
p.a. checking もちろん、中央に位置するためにステージから遠い観客への配慮を考え、ブース全体はフロア全体よりも 1 段低い位置に設けられており、客席を気にする必要はありません。

(P.A ブース内にすべてのコントロール系が集中されており、プレーヤーとミキサーだけでなく、エフェクターやイコライザーなどのほか、照明制御系も配置されています)

なお、音響機材は常にご利用されるミュージシャン、エンジニアの皆様のご意見とご要望に確実にお応えできるよう、新しい機材の導入をしています。
p.a. view
システム・ブロックダイアグラム
下のイメージをクリックすると、印刷用の PDF ファイルをダウンロードできます。
block diagram
ホーム /  スケジュール /  ギャラリー /  クリーム概要 /  システム /  アクセス /  プロモーター向け情報
©Copyright 2005-2008 Club Cream Hiroshima., All rights reserved. Web Produced & Supported by DESIFIX PRODUCTION.
このサイトに含まれるすべての写真、文章およびデータは著作物です。許可なく転載、転用、複製することは法律で禁止されています。利用をされたい方は、お問い合わせください。